不動産を探しに行こう|実際の暮らしをイメージする

赤い屋根の模型

住居購入のポイント

一軒家

ひばりヶ丘エリアにおいて不動産の購入を行う場合に注意しておきたいポイントとしては、駅を中心として北エリアと南エリアとで生活の利便性に若干の違いがあるという点です。ひばりヶ丘駅の北側には、主に住宅地が密集しているエリアとなっています。郵便局や小学校などが近郊に存在しているエリアとなっており、都心への通勤のベッドタウンとしても活用しやすい地域となっているのが特徴です。ここで物件を探している方は、まずは不動産会社を訪れてみましょう。不動産会社は多くの物件を抱えているので、自分の希望条件に合ったものを紹介してくれます。また、最近では不動産会社のHPでおすすめの物件を紹介しているので、ある程度は物件に目星をつけてから店舗を訪れるのもいいでしょう。そうすることで、スムーズに物件を紹介してくれる可能性があります。

ひばりヶ丘エリアの特徴としては、東京都心方面へと通勤する場合には有利な不動産物件が集まっているエリアとなっています。駅周辺は主に東京都へ通勤する場合に交通アクセスがとても有利な不動産が集まっており、駅南部のショッピングセンター街も活用しやすいポイントとなっています。デパートや大型ショッピングセンターにおいて、生活に必要な物はこの駅南部地域で取り揃えることができます。ショッピングの際に長距離移動をする必要がない不動産が集まっているのが特徴です。また都心方面へのアクセス以外にも、近郊の駅のひとつである西武池袋線の西秋津駅で、武蔵野線に乗り継ぎすることが可能です。武蔵野線へと乗り継ぎを行う事で東京郊外エリアの自由な周遊も可能となっており、東京都内においては交通アクセス性の良いエリアとなっています。