不動産を探しに行こう|実際の暮らしをイメージする

赤い屋根の模型

物件を売るなら

電卓

売却時の税金

福岡で不動産売却を考えている方は税金について理解しておくと良いです。税金は発生するケースと発生しないケースがあります。購入金額よりも安く売れた場合は税金を払う必要がないです。また不動産売却時に譲渡所得が3000万円以下の場合は税金が発生しません。上記の条件がそろっていた場合確定申告をすると支払わなくて済むのです。一方発生するケースは不動産購入時の金額よりも高く売れ、譲渡所得が3000万円以上の場合になります。物件の購入価格は買った時の金額ではないのです。購入価格から減価償却費を控除した金額なので間違えないようにしましょう。減価償却費は建物の耐用年数が関係しています。残りの耐用年数が少ないと建物の価値は下がるのです。

長期戦でも人気

福岡には数多くの不動産があり、それぞれの不動産を利用して物件を売ります。その際は仲介と買取が選べるのです。買取は不動産会社に不動産売却する方法で、すぐに現金に換金できます。しかし不動産売却価格は少なめなのです。できるだけ高く売りたい人に人気なのが福岡の不動産を利用した仲介になります。仲介は広告を出して買い手を見つける売買方法です。買い手が見つかれば売手と買手で交渉をします。交渉次第で売却価格を高くできるメリットがあります。買取よりも大幅に高く売れるのですが、買い手が見つかるまで結構時間がかかるのです。時間はかかりますがその分高額で売れるので多くの方が利用しています。福岡で物件を所有している方は仲介を検討してみましょう。